テレクラの意味と現在のサービス

利用者は減り衰退し始めましたが逆に大人が安心して利用できる

テレクラスマートフォン/タブレット-テレクラリンリンハウス

1980年代後半頃に台頭して全国に広まりを見せた | 男性は料金を支払ってサービスを利用しますが、料金体系は明確なので安心 | 利用者は減り衰退し始めましたが逆に大人が安心して利用できる

ただし、一部の地域では自治体により早取りが禁止されているので、早取りよりも順番に電話が繋がる仕組みが普及しています。
女性が一斉に参入した90年代は、いたずら目的の電話も少なくなかったとされます。
90年代後半から2000年に掛けては、規制の動きが活発化して条例を設けたり改正する自治体が増えました。
この規制によって年齢確認が義務づけられ、気軽さが損なわれた結果、利用者は減り衰退し始めましたが、逆に大人が安心して利用できるようにもなっています。
電話を利用するコミュニケーションを総称してテレコミといったりしますが、テレクラはその一種で、男性が固定電話を利用するのが特徴です。
基本的に会話は1対1ですが、複数人が同時に利用できる回線を設けているところもあります。
通常では楽しめない、複雑で奥深い会話が行なえますから、通常のやり取りでは物足りないと感じる人にとって朗報です。
現代は、SNSの普及によって人と人の距離感が縮まりましたが、実際のところはコミュニケーションがどこか希薄で、本当の意味での繋がりを感じにくい時代です。
だからこそ、電話で相手の声を独り占めできたり約束してお店の外で会ってリアルに楽しめるサービスは、令和の時代になってからも根強い人気があるわけです。

テレクラで遊びたい人RT https://t.co/jr976GQt5y

— honeytalk_jp (@honeytalk_jp) September 12, 2020